甲状腺・乳腺専門
高村クリニック

甲状腺疾患 甲状腺腫瘍 超音波検査

ご予約・お問合せ
tel:078-862-9966
予約優先・初診予約可(乳腺外来は完全予約制) JR灘駅直結
甲状腺疾患
高村クリニックHOME > 甲状腺疾患-甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍

甲状腺の中に腫瘍(しこり)ができることがあり、良性腫瘍と悪性腫瘍があります。

甲状腺の悪性腫瘍は大部分は進行がゆっくりでおとなしいものですが、

気管や反回神経(声帯を動かす)を巻き込みQOL(生活の質)を低下させることがあります。

また少数ですが進行が早く、予後の悪いものもあります。

特徴

・良性腫瘍には、腺腫様甲状腺腫や結節性甲状腺腫、濾胞腺腫(ろほう腺腫)などがあります。

・悪性腫瘍の約90%は乳頭癌というおとなしいものです。その他に濾胞癌(ろほう癌)、髄様癌(ずいよう癌)、低分化癌、未分化癌、悪性リンパ腫などがあります。

・ほとんどの良性・悪性腫瘍ともに原因は明らかにはわかっておりません。

症状

・甲状腺腫瘍が大きくなると、頚部のしこりとして自覚することがあります。

・ほとんどの腫瘍では痛みなどは生じませんが、良性腫瘍でもまれに炎症を起こし痛みを生じたり、痛みを契機に癌が発見されることもあります。

・良性腫瘍でも大きくなると、頚部の圧迫感を生じることがあります。また甲状腺癌が反回神経(声帯を動かす)に進展すると、声がかすれることがあります。

・頚部リンパ節の腫大で発見されることもあります。

検査

・問診、視触診 ・採血(甲状腺の腫瘍マーカー「サイログロブリン」値、甲状腺機能のチェック、その他一般的生化学的検査)

・超音波検査(甲状腺腫瘍の精査、良悪の鑑別、広がり精査、リンパ節腫大の有無)

・穿刺吸引細胞診(良悪性腫瘍の鑑別、悪性腫瘍の分類精査、リンパ節転移の精査)

治療

・良性腫瘍では、多くの場合ほとんど大きさが変わらず、手術を含めて治療の必要はありません。経過をみていると一部では縮小するものもあります。しかしまれに癌を合併したり、大きくなることがありますので、半年~1年に1回程度の定期的なチェックが必要です。

・良性のものでも、大きくて圧迫症状などがあるもの、美容的に気になる場合は手術をおすすめすることがあります。

・甲状腺癌では、基本的に手術が必要です。ほとんどのケースで頚部リンパ節の郭清(摘出)も行います。隈病院の専門医師をご紹介します。

・ほとんどの甲状腺癌における手術後の見通し(予後)は、他の癌に比べると良好です。

術後のフォローは当院で行うことが可能です。

注意すること

・甲状腺腫瘍で甲状腺ホルモンの異常をきたすことはほとんどありません。 (少数ですがプランマー病という甲状腺ホルモンを自律的に分泌する良性腫瘍があります)

・橋本病やバセドウ病などの甲状腺機能異常をきたす疾患の合併がなければ、海藻類などは 普通に摂っていただいて大丈夫です。バランスの良い食事を心がけましょう。

・経過中に甲状腺腫瘍が急に大きくなったり、日頃と異なる症状があればすぐにご来院ください。

甲状腺腫瘍に対する注意事項 イメージ
休診日カレンダー
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

休診日 :土曜午後、水曜・日祝日 
※土曜日は、2:00まで

診療時間
ご予約
お問合せ

予約優先・初診予約可

ご予約・お問合せ電話番号
078-862-9966

ご予約・お問合せは診療時間内にお願いいたします。

乳腺外来は完全予約制です。

来院の際は、必ずお電話でご予約ください。

初めてご来院の方へ

初めて来院される患者さまに

ご自宅で記入していただけるよう

PDFの問診票をご用意いたしました。

問診票ダウンロード
高村クリニックマップ
甲状腺・乳腺専門
高村クリニック

JR神戸線「灘駅」直結 改札口すぐ

〒658-0048 兵庫県神戸市灘区岩屋北町7丁目 JR灘駅ビル TEL.078-862-9966 FAX.078-862-9960